岩見のカイコガ

結婚している相方が、浮気しているときでも離婚を避けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのは避けましょう。

浮気が発覚したことでパートナーの感情を逆なでしてしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまうことがあるでしょう。

その上、浮気相手との会話によって大きなストレスになってしまうのです。

離婚を覚悟の上で、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。

そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、喧嘩になりやすいので、止めておきましょう。

信頼している人を連れて行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。

信じて頼れるような人がいないなら、探偵等に頼むことをお勧めします。

法律の中で、夫婦関係にある人が婚姻関係にない人と自分から性的関係になることを浮気といいます。

ということは、法律の中では、男女関係に発展していなかったら一緒に出かけたりしても、不倫ではありません。

個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。

探偵の浮気調査を例に挙げても失敗する場合があるでしょう。

探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、成功しないことがごく稀にあります。

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。

それに、浮気調査実施中に不倫相手と密会しない場合には尻尾を掴みようがないです。

不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士がいいでしょう。

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するべきです。

もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談するべきです。

女性の場合、近所の奥さまや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、後で噂になりたくないなら、絶対にいけません。

飲食店を利用した際の領収証には飲食時の同席者の人数が特定できるように記載されている事もあるので、不倫と決定づける参考資料となります。

さらに、クレジットカード使用時の支出については月ごとに確かめるようにします。

出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、一人ではなく誰かといたと推測される場合があるでしょう。

プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。

子供がいるご夫婦の場合は特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。

養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。

それは男性の場合であっても同様で仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。

同一電話番号との連絡を取っていたり取り合っているとなるとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が大いにあるでしょう。

それがわかったら電話番号の主を見つけ出せばいいのです。

しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話での連絡を浮気相手ととったのちには着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です