元祖ビーシュリンプの松枝

最近話題になることも多いインプラント。

ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える融通の利く歯科医院が多くなりました。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始は十分可能になりました。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。

本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です